« 2008年11月27日 | トップページ | 2008年11月30日 »

2008年11月28日

2008年11月28日 (金)

ねこ吉の口内炎

201128

ねこ吉といぬ吉は、口内炎があります。

いぬ吉は、そんなに状態がひどくないので、ご飯はPH(しっこもつまりやすい)

ウエットご飯です。

お部屋がみんなと一緒なので、みんなのカリカリを盗み食いして食べている

事もあるのですが、できるだけ食べさせないようにしています。

薬は1日おきで、よだれが出たり痛そうな時だけレーザー治療に行っています。

ねこ吉は、野良時代から口内炎がひどくカリカリは全く食べられません。

食事は、ウエットのご飯を猫ミルクと一緒にミキサーにかけたものが一番

食べやすいようです。

痛み止めの薬は、毎朝ご飯に混ぜて食べさせ、月に一度レーザーと

インターフェロンを打ちに行きます。

それでも、2、3ヶ月前から、口をしきりに手で触っていました。

爪でひっかけたらキケンと思っていたら、昨晩とうとう爪で口の中を

引っ掻いてしまいました

アメリカでは猫が口内炎になったら歯を全部抜いてしまうそうです。

歯を全部抜いてしまうと治る事があるらしいのですが、100%完治する

わけではないとの事。

特に、ねこ吉はエイズのせいで口内炎になっている可能性があるので、

歯を抜いても治らないかもしれません。

先生との話し合いの結果、リスクをおかしてまでやる必要はなのでは、

どうしてもご飯を食べられなくなった時に歯を全部抜くか考えようという

事になりました。

とりあえず近々に全身麻酔をして、口の中をチェックし、どこがどんな

状態になっているのか把握して対処しやすいようにする、歯石があったら

取り除く、炎症があったらできるだけ炎症を抑える治療をするという事になりました。

現在ねこ吉が利用している対処法は、

インターフェロン

レーザー

キノコのエキス(動物病院処方していただいた薬です)

飲み薬(体に負担がかからない程度の少量のステロイド・痛み止め・

ビタミン・ラクトフェリンなどを顆粒にして処方してもらっています)

私も皮膚が弱く、長い間ステロイドを使っていたので出来れば使いたくない

と思いますが、痛みを我慢させるのは可哀想ですし、漢方もなんだか怖くて

手が出せないところがあります。

猫の口内炎って本当に治す方法はないのでしょうか?

せめて痛みだけでも取り除けたら。

もっと早く家に入れてあげていれば、こんな目にあわなかったかもしれないのに。

そう思うと、悔しくて、悔しくて

※お薬の処方の所訂正しました、ビオフェルミン→ラクトフェリンでした。

★黒猫探偵社★ プロフィール・2007 4月までの日記は ここから

いつも見てくださりありがとうございます。今月こそはせめて週3回更新したいなぁ!

Banner_02_2

| | コメント (2)

« 2008年11月27日 | トップページ | 2008年11月30日 »