« 2009年8月24日 | トップページ | 2009年8月30日 »

2009年8月27日

2009年8月27日 (木)

母かつぴ直伝!梅干しの作り方

2009827_2

今年は、母に教えてもらいながら一人で梅干しを漬けてみました!

かなりおおざっぱなレシピですが、簡単に漬けられますよ~!

自己流なので、他の方のレシピも参考にしながら作ってみてくださいね。

ピンクの文字は「かつぴポイント」です!ポイントもかなりオリジナルです。

材料:

○梅・・・・・・・5キロ(南高梅・サイズ中で漬けました)       
○塩・・・・・・・900CC(梅1キロに180CC)            
○赤ジソ・・・・4~5袋(1キロに約1袋くらいですが、お好みで) 
○重し・・・・・・梅の2倍の重さ                                                
 (どれくらい必要かシソを買うときに八百屋さんに聞いてね!)  
○梅を漬ける容器・・・・・・・・プラスチックの樽など        
 (軽いと水が上がってきません、雑誌でもなんでもOK!)

Kc3i00202

ヘタをつまようじなどで取り除く

Kc3i00261

さっと水で洗いざるに上げ、水をきっちりと切る

水滴が残らないように気をつけてください

Kc3i00333

樽を洗う、水気はきっちりと拭き取る

塩で漬ける 1キロ=180CC

今回は5キロ漬けたので、900CC

本当は1キロ=200CCなのですが、塩辛い!

なので少し減らします。

塩は減らしすぎると、カビが生えるのできをつけてください

梅と塩を交互に樽に入れ、最後に塩で蓋をするように多めに塩を

乗せます。

Kc3i00324

重しをする

Kc3i00345

水が上がるまでは、重しが重い方がよいので、足りない分は

雑誌をのせる。(重しがある方は、もちろん重しで)

ゴミが入らないようにビニールをする。

※重しは、漬ける梅の2倍の重さだそうです。

私はいつものごとく、テキトーな重さ(汗

Kc3i00416

だいたい1週間ほどで水が上がってきますが、そのまま2週間ほど置く。

(塩味を梅に染みこませるため)

写真でみるとわかりにくいですが、かなり水が上がっています

赤ジソ

シソは、さっと水あらいして塩で揉み、アクをだす

Kc3i00407

Kc3i00398

こんな感じ。

アクがでたら、アクをギュツとしぼり、また塩をふり揉みアクを出す。

この作業を3回くらい繰り返します。

注:このとき、アクを水で洗い流したりしないように。水で洗うのは最初だけ。

手が荒れるので、手袋、またはビニール袋に入れてアク出ししてください。

アクを出したシソを、梅を漬けた樽に入れます。

本当は梅の間に入れていくといいのですが、梅が崩れるので、上にのせてもOK!

梅雨があけるまでそのまま置きます。

 

梅雨明け!

梅雨があけたら、3日3晩干す

雨に気をつけてくださいね。

もし雨が降ってしまったら、部屋の中に干してもかまいません

Kc3i0090

完成!

できたら、ビンなどに入れて保存します。

私は、団子にしたままシソを干していますが、広げて干すそうです。

※梅の汁には戻しません。

梅汁は、お漬け物などに使えるのにとっておくと便利です。

思ったより簡単だし、とっても美味しいので!作ってみてくださいね~

☆☆☆☆☆☆

★黒猫探偵社★ プロフィール・2007 4月までの日記はここから

Banner_02_2

プチダイエット報告:今日もカロリーメイトで頑張ってマス!体重全く減りません!

DVDでヨガも始めました!
 

| | コメント (4)

« 2009年8月24日 | トップページ | 2009年8月30日 »